コーヒー豆には等級があるのか?

コーヒー豆をいくつかの条件に則って等級分けすることを「グレーディング」といいます。グレーディング方法は生産国によって異なりますが、主に「①産地の標高、②豆のサイズ、③欠点数」で判断します。

①産地の標高

昼夜の寒暖差が大きいほど、豆の品質は良くなります。そのため、産地の標高が高ければ高いほど高品質と評価されます。

②豆のサイズ(スクリーンサイズ)

コーヒー豆の大きさを振り分ける道具の名前が「スクリーン」であることから、豆のサイズは「スクリーンサイズ」と呼ばれます。サイズが大きいほど、高品質とされています。

③欠点数

サンプルとして取り出したコーヒーの中に、異物や欠点豆がどのくらい混入しているかを点数化したものが「欠点数」です。混入物の種類も点数化されており、数と種類の両方から判断します。欠点数が低いほど、高品質と評価されます。

>coffee&dried fruit 岩田屋珈琲

coffee&dried fruit 岩田屋珈琲

山梨県甲府市丸の内2丁目26-15 TEL 055-215-7069

MAP
CTR IMG