岩田屋の珈琲豆

エチオピア イルガチェフ

地域 イルガチェフ

グレード G-1

精製方法 ナチュラル

焙煎 シティロースト(中煎り)

アラビカ種発祥の地域といわれるエチオピア
岩田屋珈琲のエチオピア豆はイルガチェフ産のG-1 グレード
精製方法はナチュラル。焙煎はシティロースト
珈琲通なら一度は耳にした事がある「モカ」。
かつてエチオピア、イエメンから輸出される珈琲を総称して「モカ」と呼ばれ ていました。
現在は国や産地、農園名で呼ばれるように。このイルガチェフも「モカ」珈琲です。
スペシャリティコーヒーの第一人者といっても過言でないイルガチェフ。最大の魅力は香り。トップグレードのG-1のイルガチェフは珈琲なのにフルーティな香りを感じるなんとも不思議な珈琲。その不思議の理由のひとつはコーヒーチェリーを除去せず乾燥するナチュラル製法。
シティローストで焙煎する事により豆本来がもつ香りを残し爽やかな酸味の珈琲に。
ドリップ前に豆の香りを是非楽しんでもらいたい。そして淹れたての一口は唯一無にの香り。

温度が冷めてからは、イルガチェフがいかにまろやかな優しい珈琲であるか実感することでしょう。

ゆったりと休日の午後のひとときに飲むのにおすすめです。

また、華やかな香りと控えめな苦味は女性に人気。

エチオピア シャキッソ カフェインレス

地域 エチオピア シャキッソ

精製方法 スイスウォーター

焙煎 フルシティロースト(中深煎り)

カフェインを取り除いた後、コーヒー成分を再び豆に戻す処理を複数回して出来上がるカフェインレスコーヒー。

エチオピア(モカ)珈琲のテイストを残し、蜂蜜のようなアフターフレーバーが特徴的。

知らずに飲んだら「軽めの珈琲」と間違えてしまう方が多いのでは…

数多くスペシャリティコーヒーを産出しているシャキッソ地区の上質な豆だからこそ、味わい深いカフェインレスが出来上がったといっても過言ではありません。

豆の苦味成分とコクを最大限に引き出しているので、珈琲好きな妊婦の方、授乳中の方にも納得していただける「美味しいカフェインレス珈琲」です。

ケニア レッドマウンテン

地域 山南部 キリニャガ地区

品種 SL28 ルイル11

規格 AA TOP スクリーン17〜18up

精製方法 フルウォッシュド 100%天日乾燥

焙煎 フルシティロースト(中深煎り)

赤土の肥沃な大地で育ったレッドマウンテン

岩田屋珈琲のレッドマウンテンは標高1750m〜1800mで栽培しスクリーン17〜18upの最高グレード。

ケニアの珈琲豆は柑橘系の香りが特徴と言われている。

大粒豆の特性として背割れなどの欠点豆を丁寧にハンドピックし、フルシティローストに焙煎したこのレッドマウンテンは、黄桃のような甘い香りに。

ファーストタッチは軽い珈琲の印象がだ、飲み進めていくと次第にしっかりとした苦味で重みのある珈琲に。

舌に残らない爽やかな酸味だからこそ、味わえる「印象の変化」をぜひお楽しみください。

コロンビア パシオン デ シエラ

地域 サンタマルタ南東部

品種 ティピカ種

精製方法 ウォッシュド 天日乾燥

焙煎 フルシティロースト(中深煎り)

ティピカ種は15世紀頃エチオピアから中東に伝わったといわれる原生種。

18世紀後半にコロンビア、メキシコなど中央アメリカで栽培が行われるようになった。

ティピカ種は非常にバランスが良い上質なコーヒー豆であるが、さび病などの耐性が弱いことから品種改良がすすみ原生種を栽培する地域や農園が少なくなってきている。

NPOと協力することで、洗浄施設などのインフラも整備され貴重な原生種ティピカの本来の風味が生かされるように。

フルシティローストで焙煎することにより、豆のもつ苦味とコク、甘みを引き出しています。口当たりが滑らかでチョコレートのような余韻が残る珈琲です。

ニカラグア

地域 ヌエバセゴビア地域 ディピリト地区

グレード AA

精製方法 ウォッシュド

焙煎 シティロースト(中煎り

抽出適温 86℃

ホンジュラスとコスタリカに隣接する中米のほぼ中央に位置する国、ニカラグア。コーヒー栽培に適した気候で生産量は年間8万トンを超える。ヌエバセゴビアのコーヒーは国際品評会で近年高い評価を受け、上質なコーヒー産地として有名に。

ラ・ロカは日本人好みの珈琲といわれ、浅煎り〜深煎りまでどの焙煎にも対応するコーヒー豆ですが、岩田屋珈琲ではシティローストで「苦くない珈琲」に仕上げました。

「珈琲は苦い」のが常識ですが、実は焙煎前の豆は苦味は無く焙煎によって苦味が引き出されるのです。

ニカラグアの華やかな酸味を活かすため、苦味のでないポイントで仕上げています。

苦味と錯覚するほどの香ばしい珈琲フレーバーと、舌に残らない酸味はあとあじのスッキリとした軽やかなラ・ロカに。

珈琲が「苦いから」苦手という方にぜひおすすめです。珈琲が好きになるきっかけになるかもしれません。

ブラジル アグアリンパ

地域 ミナス・ヘライス州

農園 アグアリンパ農園

品種 カトゥーラ種

精製方法 ナチュラル

焙煎 フレンチロースト(深煎り)

抽出適温 86℃

高品質なコーヒー豆の生産で有名なアグアリンパ農園

ナチュラル製法の生豆はフルーティな香りをはなつ。そのフルーティな香りはフレンチローストに焙煎するとカカオ80%チョコレートのような香りに。

淹れたての香りはもちろん、最後の一口を飲み終えた余韻まで楽しめる香りたかいブラジル アグアリンパ。

香りに負けないパンチある苦味と深いコクでミルクとの相性がよく上品なコーヒーゼリーのような風味に。

珈琲の酸味が苦手という方が意外に多いですが、そんな方に非常におすすめです。

ブラジル パンタノ

農園 パンタノ農園

品種 ムンドノーボ種

栽培 ミネラル栽培

精製方法 ナチュラル

焙煎 フルシティロースト(中深煎り)

抽出適温 86℃

言わずと知れた珈琲大国ブラジル。ブラジルの珈琲といっても品種、栽培方法は様々。

パンタノ農園は100年の歴史があり、農園主は減農薬につとめるなど環境保護意識が高い。園ではブルボン種、ムンドノーボ種を栽培しており岩田屋珈琲で取り扱うムンドノーボは、日本から持ち込んだ高品質なミネラル水で栽培することにより、香りが高く最高品質の豆である。

シティローストに仕上げると、カカオナッツのような香りを放ち珈琲本来の香ばしさを引き立てている。

酸味がなく程良い苦味は多くの方に楽しんでもらえ、どこか懐かしさをも感じる珈琲に。

ホッと一息きつきたい時に最適。

定番の珈琲としてファンの多い一品。

インドネシア マンデリン TABOO

地域 スマトラ アチェ州 タケンゴン地区

スクリーン 18up

精製方法 パルプドナチュラル

焙煎 フレンチロースト(深煎り)

抽出適温 86℃

岩田屋珈琲のマンデリンは現地の言葉で「美味しい」を意味するTABOO

スクリーン18upはTABOOの最高グレード

「苦い飲み物」の代名詞である珈琲。その中でもマンデリンは苦味が強いとして有名だが、TABOOはただ苦いだけでなく「苦くて美味しい珈琲」

フレンチローストで焙煎したTABOOは生豆の1.5倍の大きさに。コーヒーオイルに包まれ、ふっくらと艶やかな見た目はダークチョコレートの様。

スッキリとした苦味は豆を焦がさず、しっかりと熱を加えて仕上げた熱風式焙煎機が成せる味。

見た目も味も衝撃を受けること間違いなし!珈琲好きは特に一度飲んだら癖になる岩田屋のTABOO。

ルワンダ

地域 西部州ルシジ郡ニャカニニャ地域

農園 アバドゥンジ農園

焙煎 シティロースト(中煎り)

規格 スペシャリティグレード 15up

品種 ブルボンロングベリー

精製方法 フルウォッシュド 100%天日乾燥

アフリカのコーヒー輸出国の中でも近年その品質の高さで注目されているのが、ルワンダ。

岩田屋珈琲のルワンダはロングベリー種。アバドゥンジ農園でのみ栽培されている品種。300g中、欠点豆が0〜6粒のコーヒー豆に与えられるスペシャリティグレード。

数字からわかるように丁寧な栽培、生産され希少なコーヒー豆である。

ルワンダの特徴である酸味を生かし軽やかな珈琲に仕上げています。

苦味が少ないため珈琲に馴染のない方にも美味しく飲んでもらえます。

同じアフリカのケニアレッドマウンテンと飲み比べてみてください。

珈琲の奥深い世界へ足を踏み入れてみませんか?

>coffee&dried fruit 岩田屋珈琲

coffee&dried fruit 岩田屋珈琲

<丸の内本店>
山梨県甲府市丸の内2丁目26-15
TEL 055-215-7069
<YAMANASHI BUNKAKAIKAN1966店>
山梨県甲府市北口2-6-10
055-225-5222

CTR IMG